今朝の東京新聞に掲載されました。

今朝の東京新聞に”22世紀に残すもの”の対談インタビュー記事が紹介されました。
今月は曹洞宗 徳本寺・徳泉寺住職の早坂文明(はやさか ぶんめい)氏の記事です。

「人生そのものが無常なのではなく、無常の受け止め方にこそ人生がある」
早坂住職のお言葉には、震災を通じて一人一人を対話をされる日々や、約三十年テレホン法話を続けていらっしゃるからこその、透明で深い響きがあります。

【セミナーを開催します。】
日時 : 10月6日(金)19時~21時
場所 : 別途お知らせします(都内)★
開場 : 18:40
定員 : 30名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
会費 : 一般3,000円
学生1,000円(学生証等をご提示ください)
※当日会場でお支払いいただきます。領収書を入用の方は事前にお知らせください。
(宛先も)
お申し込み :チッケトお申込み完了順とさせていただきます。
こちらのフォームより無料チケットをお申込みください。

http://22arigatou.peatix.com/(当日現金払い)

主催 :  一般財団法人 22世紀に残すもの
お問い合わせ先:hello@22c.life (事務局)

【講師プロフィール】
早坂文明(はやさか ぶんめい)氏

1950年 宮城県山元町に生まれる
曹洞宗 徳本寺・徳泉寺住職
前 東北管区教化センター統監
(公益社団法人)SVAシャンティ国際ボランティア会常務理事
[著書] 『月を流さず―和尚の語り草―』
『千話一話―3.11その先へ―』
『一歩先へ 二歩先へ―3.11その先へ―』 他
[作詞] ・東北新幹線の歌『故郷は僕に微笑む』(歌⁄郷ひろみ)
・東日本大震災支援歌『まけないタオル』(歌⁄やなせなな) 他
[その他] 徳本寺テレホン法話は29年間継続中で、1060話を超えている

テレホン法話
http://www.tokuhonji.jp/sermons/

 

 

 

カテゴリー: Talk